経営革新


経営革新とは


事業者が新事業活動に取り組み、経営の改善を図ることです。
新商品や新サービスを開発・提供したり、新たな市場開拓への挑戦や新技術を導入して、経営の向上を図ることです。



新事業活動への取り組み


新事業活動とは、次の4つの新たな取り組みをいいます。


(1)新商品の開発または生産
(2)新役務の開発または提供
(3)商品の新たな生産または販売の方式の導入
(4)役務の新たな提供の方式の導入、その他の新たな事業活動


このような「新事業活動」には、多様なものが存在しますが、個々の中小企業者にとって新しい取り組みであり、経営が改善されるものであれば、経営革新といえます。



経営革新計画のメリット


経営革新計画を作成し、沖縄県の承認を受けた中小企業者(組合)は、計画期間中、税金・融資の優遇措置や補助金等の各種支援策を利用することができます。



経営革新計画を作るには


提出先の沖縄県観光商工部新産業振興課で経営革新計画の内容・申請手続き・支援制度の内容など相談を受付していますが、商工会議所などの支援機関等でもサポートさせていただいています。是非、ご活用ください。
→様式のダウンロードはこちら


→中小企業庁HPトップページはこちら



経営革新塾のご案内


浦添商工会議所では、経営革新計画の承認申請・取得を目指す中小企業の経営者(法人・個人・浦添市内外を問いません)または、経営の現状を改善し向上させるために必要な知識や考え方を学びたい中小企業の経営者を対象に、「経営革新塾」を開催しています。  

→本年度の経営革新塾カリキュラム等はこちら(本年度は締め切りました) 

→「経営革新塾」「創業塾」:日本商工会議所HPはこちら

→「経営革新塾」体験講義ムービー:詳細はこちら
「創業塾」、「経営革新塾」の内容を映像情報として公開しています

経営支援事業のご案内