各種保険について


労災保険


労災保険は、労働者が業務上や通勤中に負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に、被災労働者や遺族を保護するための保険です。
労災保険は、すべての労働者に適用となり、正社員だけでなく勤務時間が短いパートタイマーやアルバイトも対象となります。したがって、労働者を1人でも雇っている事業主(適用事業所)は加入手続きを行い、保険料を納めなければなりません。
保険料率、労災補償内容・手続き等について詳しくは厚生労働省労災保険制度へ→こちら



雇用保険


雇用保険は、労働者が失業した場合に必要な給付を行い、生活の安定を図るとともに、求職活動を容易にする等その就職を促進し、あわせて労働者の職業の安定を図るため、雇用安定事業、能力開発事業、雇用福祉事業を行う制度です。
雇用保険料は、労働者の賃金に雇用保険率をかけて求められ、事業主負担と被保険者負担があります。

失業給付→詳細はこちら

育児休業給付、介護休業給付、高年齢雇用継続給付→詳細はこちら

手続きなど詳しくは厚生労働省 雇用保険制度へ→詳細はこちら



特別加入制度


労災保険は被災労働者や遺族を保護するための保険ですが、労働者以外の者のなか(経営者等)には、業務の実態や災害の発生状況その他からみて労働者に準じて保護をすることが適当である者もいます。これらの者を労災保険の適用労働者とみなして業務災害及び通勤災害について保険給付等を行うのが特別加入制度です。

詳しくは厚生労働省 労災保険の特別加入へ→詳細はこちら

労働保険料のシュミレーション

川越商工会議所→こちら

浦安商工会議所→こちら

経営支援事業のご案内